IT 世の中の疑問

メタバースの定義を調べました【7つの条件?、現実世界とは異なる?】

メタバースとは何かについて早速本題にいきましょう。

メタバースの定義、メタバースとは何か
という質問に答えるために、
2つの定義を紹介します。

定義①メタバースとは7つの条件を満たすものである

メタバースについて詳しい米ベンチャー投資家のマシュー・ボールは
2020年に、メタバースの条件を7つ示しました。

1. Be persistent – which is to say, it never “resets” or “pauses” or “ends”, it just continues indefinitely

2. Be synchronous and live – even though pre-scheduled and self-contained events will happen, just as they do in “real life”, the Metaverse will be a living experience that exists consistently for everyone and in real-time

3. Be without any cap to concurrent users, while also providing each user with an individual sense of “presence” – everyone can be a part of the Metaverse and participate in a specific event/place/activity together, at the same time and with individual agency

4. Be a fully functioning economy – individuals and businesses will be able to create, own, invest, sell, and be rewarded for an incredibly wide range of “work” that produces “value” that is recognized by others

5. Be an experience that spans both the digital and physical worlds, private and public networks/experiences, and open and closed platforms

6. Offer unprecedented interoperability of data, digital items/assets, content, and so on across each of these experiences – your Counter-Strike gun skin, for example, could also be used to decorate a gun in Fortnite, or be gifted to a friend on/through Facebook. Similarly, a car designed for Rocket League (or even for Porsche’s website) could be brought over to work in Roblox. Today, the digital world basically acts as though it were a mall where every store used its own currency, required proprietary ID cards, had proprietary units of measurement for things like shoes or calories, and different dress codes, etc.

7. Be populated by “content” and “experiences” created and operated by an incredibly wide range of contributors, some of whom are independent individuals, while others might be informally organized groups or commercially-focused enterprises

The Metaverse: What It Is, Where to Find it, and Who Will Build It

日本語訳にすると以下のようになります。

  1. 永続性がある
    一時停止やリセットなどされない
  2. 同期的である
    実社会と同じで、同期している状態
  3. 無限の同時接続性
    ユーザーの接続に上限を設けず、ユーザーごとに存在感がある
  4. 完全に機能した社会
    個人や企業が価値を提供して報酬を得られる
  5. 実社会とデジタルに垣根が無い
    実社会/デジタル空間、オープン/クローズ、プライベート/パブリックにまたがる体験が可能である
  6. 相互運用性
    プラットフォーム間で垣根がなく、相互運用が可能である
  7. 幅広い者によってコンテンツや体験が提供
    個人や組織などの幅広い者によって、コンテンツや体験が提供される

定義②現実世界と異なる空間やサービス

Wikipediaでは、メタバースを次のように説明されています。

メタバース (英: Metaverse) は、コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された、現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービスのことを指す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まとめ

「メタバース」という言葉は、2021年10月から、興味・関心が高まってきています。

日本のニュース番組や雑誌等でも目立つようになりました。

以下は、Googleでの検索キーワード「メタバース」の勢いです。

Google トレンド【キーワード:メタバース】2022/3/8時点

2022年も引き続き、メタバースは目にすることが多いでしょう。

メタバースのニュース、新聞などのメディアでは、
特集では、冒頭にメタバースについて説明があります。

毎回、メタバースの定義を上書きするのではなく、
まずは、自分の言葉で理解して、
その上でメタバースに触れたいですね。

-IT, 世の中の疑問
-,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2022 All Rights Reserved.