世の中の疑問

理解と納得の違いを解説【それぞれの意味は?使用例文有り】

困っている人
”理解”と”納得”って似ているけど違いは何?
困っている人
”理解”と”納得”を使い分けたい

このような疑問にお答えします。

この記事を読んで、
”理解”と”納得”という似た言葉を正しく使いこなしましょう。

理解の意味と使用例

事典には、”理解”とは次のような意味で説明されています。

内容、意味などがわかること。

他人の気持や物事の意味などを受けとること。

相手の気持や立場に立って思いやること。

出典元:精選版 日本国語大辞典

理解を使用した文章は次のようなものがあります。

  • 理解が早い
  • 彼の苦境を理解する
  • 理解力がある

納得の意味と使用例

事典には、”納得”とは次のような意味で説明されています。

他人の考え、行動などを理解して受け入れること。

わかってのみこむこと。

理解して肯定すること。

出典元:精選版 日本国語大辞典

納得を使用した文章は次のようなものがあります。

  • 納得のいかない話
  • 説明を聞いて納得する
  • 納得いく理由が示されていない

理解と納得の違い、使い分け

それでは、”理解”と”納得”の違いはとは何でしょうか。

”理解”とは、物事のありのまま、事実に焦点を当てています。

一方、”納得”とは、物事を理解した後の自分の考えや気持ちに焦点を当てています。

そのため、
ある物事に対して、理解はしたけど、納得はしていないという状況
が発生します。

これを知っておくと、使い分けができるようになります。

また、”理解”と”納得”を使い分けるときは、
次のステップで考えているとわかりやすいです。

  1. 物事の意味がわかったかどうか
    →わかった場合は、「2.へ移動」
     わからない場合は、「”理解”や”納得”も使用できない」
  2. 物事の意味を肯定、受け入れられるか
    →できる場合は、「”納得”を使用」
     できない場合は、「”理解”を使用」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本語には似ている言葉がたくさんあります。

使い分けを感覚的にしていると、
迷ったときに拠り所がなく困ってしまいます。

日本語を使うときに困らないためにも、
正しく理解して、
使いこなせるようになりたいものです。

当サイトでは、他にも紹介していますので、
気になる方は↓の記事からチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-世の中の疑問
-,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2021 All Rights Reserved.