世の中の疑問

2022年(令和4年)を知る~壬寅、祝日は16日?~

困っている人
2022年は大事な年になるから情報を先取りしたい
困っている人
2022年になったらいろんなことに挑戦するぞ!

このような疑問にお答えします。

当記事では、2022年に関する情報を紹介します。

いち早く、2022年を先取りしましょう!!!

2022年の干支は寅ではない?

2022年の干支は、寅(とら)です。

もう少し詳しくいうと、壬寅(みずのえとら)です。

寅はきいたことはあると思いますが、壬寅は知らない方も多いと思います。

なぜ、壬寅とも言うのかについて知っていると、カッコイイですよね。

実は、干支は12種類ではなく、十干と十二支を組み合わせたものなのです。

十二支は、一般的に知られている、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の12種類です。

十干は、紀元前に中国で生まれた陰陽五行の考えで、10種類あります。

具体的には、次のとおりです。

  1. 甲(コウ・きのえ)
  2. 乙(オツ・きのと)
  3. 丙(ヘイ・ひのえ)
  4. 丁(テイ・ひのと)
  5. 戊(ボ・つちのえ)
  6. 己(キ・つちのと)
  7. 庚(コウ・かのえ)
  8. 辛(シン・かのと)
  9. 壬(ジン・みずのえ)
  10. 癸(キ・みずのと)

9番目に、壬(みずのえ)がありますね!!

十干の10種類と十二支の12種類が順々になっており、その組み合わせは全部で60通りです。

つまり、60年経つと再び同じ干支となるわけですね。

すると、2022年は、十干が「壬(みずのえ)」、十二支が「寅」なので、干支は「 壬寅(みずのえとら)」となります。

2022年は令和4年

2022年の和暦は令和4年です。

今この記事を執筆しているのは2021年9月ですが、もう令和4年なのかと時間が経つのは早いなと感じます笑

2022年の祝日は16日ある

2022年の祝日は全部で16日あります。

なお、祝日は現時点(2021年9月)で判明しているものです。

適宜、更新しますがご注意ください。

 

-世の中の疑問
-, , ,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2021 All Rights Reserved.