世の中の疑問

新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製)の副反応と対策【30代男性】1回目と2回目の違い?

困っている人
コロナワクチンによる副反応はどんな症状?1回目と2回目の違いはある?
困っている人
コロナワクチンによる副反応について知りたい

このような疑問にお答えします。

筆者は、2021年7月と8月に、自治体の集団摂取でコロナワクチン(ファイザー製)を打ちました。

1回目:7月25日(日)10:00

2回目:8月15日(日)10:00

筆者の簡単なプロフィールは以下のとおりです。

  • 30代前半の男
  • 会社員で、最近はテレワーク中心
  • 週1,2回ランニング等の運動を実施

本記事での内容は、一個人としての事例という点をご理解ください。

筆者の場合は、摂取箇所の痛み、発熱、頭痛という症状が2日間ほど続きました。

症状と実際の対策を↓にまとめます。

※1回目と2回目で違いがある場合は、2回目の症状や対策を赤字で記載しています

ワクチン接種後の症状と対策【摂取箇所の痛み】

ワクチン摂取は、利き手と逆に打ちました。

医師の方が、利き手を確認し、利き手の逆に打ちましょうという流れでした。

接種直後は、痛みを感じなかったですが、その日の夜から2日後まで痛みが続きました。

痛みは、次のような時に感じました。

  • 摂取箇所を触った時
  • 摂取した腕を上げた時

感覚的には、筋肉痛に近かったです。

対策としては、特に何もしなく、触らず、摂取した腕を安静にしていました。

また、利き手と逆に打ったのは良かったと思いました。

もし利き手に打っていたら、ご飯を食べたり、パソコンで作業したり、文字を書いたりすることが困難だったとおもいます。

ワクチン接種後の症状と対策【発熱と頭痛】

ワクチンを摂取した翌日の朝、なんとなく体調が悪く、頭痛がありました。

熱を測ると、36度後半の熱がありました。

ただ、午後になってくると症状は悪化して、熱は37.7まで上がりました。(2回目は37.4度)

これはいわゆる微熱程度になるかと思いますが、結構辛かったため、午後は寝ていました。

対策は、普通の風邪のときと同様(人によっては違うかもしれませんが)で、氷枕と冷えピタでした。

また、食後に、家に置いてあった風邪薬の中から、熱と頭痛に効果がありそうなものを飲みました。

風邪のときと違った点でいうと、食欲は普通にあったため、しっかり3食を食べました。

その日のうちにほとんど熱は下がり、回復しました。

対策は、主に、「飲み薬」と「補水液」です。

ちなみに、発熱後は、一般の風邪のときの対策のように、飲み薬を毎食後に服用しました。

飲み薬は「【指定第2類医薬品】ペアコール錠(風邪薬)72錠」です。市販の風邪薬です。

また、2回目は、経口補水液である「OS-1 オーエスワン」を摂取前後に500ml1本飲みました。

もしかしたら、この補水液が良い方向に働き、1回目よりも症状が軽くなったかもしれません。

まとめ

ワクチン後の症状は、次の点で2日間で回復しました。

  1. 摂取箇所の痛み
  2. 発熱と頭痛

普通の風邪の症状との大きな違いは、食欲もあり、咳も出ないところでした。

対策は、安静にして、薬を飲んでよく寝るでした。(食事をしっかり取ることも大事だと思います)

ワクチンはあまり情報が出揃っていないため、一つの情報として参考にし、さらには副反応の対策の参考になれば幸いです。

1回目と2回目で症状に違い(2回目の方が症状が辛くなりやすい等)があるとネットのニュース記事で読みましたが、
そのような違いはなく、むしろ、1回目のほうが辛かったです。

参考図書

新型コロナウイルスについては、多くの図書が発行されています。

最後に、筆者が参考にした図書を紹介します。

新型コロナウイルスについて正しい情報、知識、専門家の見解を知るために参考にしてはいかがでしょうか。

-世の中の疑問
-, , ,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2021 All Rights Reserved.