IT

特権アクセスを解説【Privileged Accessの日本語訳、通常のアクセスとの違い】

困っている人
特権アクセスについてざっくりと知りたい
困っている人
Privileged Accessとは何?

このような疑問を解決します。

特権アクセスの意味

特権アクセスとは、ITシステムに対する特権的なアクセス権を指します。

通常のアクセス権では対応できない範囲を網羅しているアクセス権になります。

Privileged Accessの日本語訳

海外の文書やインターネットのITに関する記事で、”Privileged Access”という表現を見たことがある方もいると思います。

調べてみると、次のような日本語訳になります。

特権のある、光栄で、免責特権の

出典:Weblio 辞書

よって、Privileged Accessは、特権アクセスと訳されます。

実際、多くの日本語の文書や記事では、特権アクセスと訳されることが多いです。

特権アクセスに関連するシステムや仕組み

特権アクセスについて見てきましたが、具体的なシステムやサービス等について見ていきましょう。

用語だけでは中々、イメージが難しいので、
ITの用語は、具体的に見るとイメージがしやすくなります。

特権アクセス管理

Privileged Access Managementを略して、PAMと表記されることが多いです。

特権アクセス管理とは、特権アクセスを管理、制御するサイバーセキュリティー戦略やそのための技術を指します。

管理するシステムが無い、特権アクセスの誤った使用を検知できないなどの理由から特権アクセスを組織内で管理するのは難しいです。

-IT
-,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2021 All Rights Reserved.