世の中の疑問

製品と商品の違いを解説【意味と使用例、簿記?】

困っている人
製品と商品は似た言葉だけどどのように違うの?
困っている人
簿記の世界では、製品と商品をどのように使い分ける?

このような疑問を解決します。

※当サイトでは、記事の信頼性を確保するためにも、信用できそうなサイト等を参考にして構築しております

製品の意味と使用例

まず、製品について見ていきましょう。

販売するためにつくった品物。ある原料からつくった品物。

出典:デジタル大辞泉

製品とは、何か原料があり、それを加工して販売できるモノ(サービスも含む)と読み取れます。

製品の使用例を見ていきましょう。

  • プラスチック製品
  • ソフトウェア

商品の意味と使用例

次に、商品について見ていきましょう。

売るための品物。販売を目的とする財およびサービス。

出典:デジタル大辞泉

商品の使用例を見ていきましょう。

  • 商品を補充する
  • 目玉商品

製品と商品の違い(簿記を知ると理解)

製品と商品のそれぞれの用語の意味について見てきました。

しかし、製品と商品の意味の違いははっきりしないと感じた方もいるかと思います。

簿記の世界でみると違いがはっきりします。

製品は、何かの原材料をもとに製造されて、販売するモノ(サービス)を指します。

商品は、加工せずに販売するモノを指します。

つまり、製品は商品の意味を含むこともあります。

加工や製造の過程を含んだモノ(サービス)が製品と理解するとスッキリします。

様々な用語の違いについて

いかがでしたでしょうか。

今回は、製品と商品の違いについて紹介しました。

当サイトでは、製品と商品の違いのように、似た用語について違いについて解説しています。

気になった方はご覧いただければと思います。

定めると決めるの違い

定めると決めるの違いを解説【意味と使用方法】

続きを見る

共感と同情の違い

共感と同情の違い(使用例あり)~広辞苑の意味から日本語を学ぶ~

続きを見る

 

-世の中の疑問
-,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2021 All Rights Reserved.