サービス

【徹底比較】WEBデータベース(特徴、費用、スケジュール)【kintoneなど3選】

皆さんは、日々の業務や作業などで次のようなことを考えたことはあるでしょうか。

  • Excelでの注文管理はファイルが多くて面倒
  • 注文表から発注書を作成するのが簡単にできたらな

日々のExcelなどのデータを扱う業務で効率性を高める一つの方法が、
WEBデータベースサービスを導入です。

今回は、次のような人を想定して、サービスをご紹介します。

「注文データをExcelにて受け取り、コピペをして発注書を作成している」

「注文書や発注書は、Excelを担当者のPC上に管理している」

※内容は、2019/12/24時点における筆者調査となりますのでご留意ください

kintone(キントーン)

サイボウズ株式会社が、提供しているサービスです。URLはこちら

特徴

  • ExcelやCSVファイルをkintoneへアップロードし読み込むことで、kintone上でデータ化が可能
  • アプリに蓄積したデータの集計や、集計したデータを表やグラフで表示可能
    (例えば、商品ごとで、日単位、週単位での注文数を集計可能)
  • アップロードしたデータや集計結果をCSVファイルに書き出せる(Excelファイルに書き出すことは不可)
  • レコードの詳細画面上のフィールドだけを表示した画面を印刷することが可能

費用

導入

導入支援をベンダーへ依頼した場合、50万円程度~

運用(年額サービスの場合)

  • スタンダードコース :17,640 円(税抜)/ 1 ユーザー
  • ライトコース : 9,170 円(税抜)/ 1 ユーザー

導入スケジュール

発注日から利用可能だが、アプリの設定(もしくはカスタマイズ)が必要

カスタマイズは、要件にもよるが、3か月~6か月程度

楽々Webデータベース

住友電工情報システム株式会社が、提供しているサービスです。URLはこちら

特徴

  • クラウド版、オンプレミス版がある
  • Excelファイルをそのまま取り込むことでデータ登録可能
    (同時に複数のExcelファイルを一括アップロード可能)
  • 登録したExcelデータの一覧照会可能
  • データ集計結果表示可能(合計・小計・平均)
  • 楽々WebデータベースのデータをExcelに出力可能
    ※出力する形式は固定で、最初にExcel取り込みにて作成する時の形式のままでカスタマイズ不可

費用

導入

提供会社へ導入支援を依頼する場合、4万円程度~

運用

【クラウド版】

スタンダードプラン(下記のライトプランを超える規模の場合)
⇒1,500円/月×契約ユーザー数※契約ユーザー数は、10名以上からです。

ライトプラン(利用登録ユーザー数10名以下、使用アプリ数10個以下)
⇒10,000円/月

【オンプレミス版(自社のサーバにインストールして利用)】

登録ユーザー数、使用アプリ数の上限に上限は無いが、同時接続ユーザー数により、料金体系が異なる

ライセンス費用:1,800,000円(同時接続ユーザー数:10)
保守費用:360,000円※ライセンス費用の20%からの構成
※ライセンスは初年度のみ必要、保守費用は毎年発生するランニングコスト

導入スケジュール

事例として、おおむね数日~1・2週間程度で利用開始が平均的。

Canbus.

株式会社システナが、提供するサービスです。URLはこちら

特徴

  • Excelファイルをそのまま取り込むことでデータ登録可能
  • データ集計結果表示可能
  • データをExcelに出力可能

費用

導入

テンプレート機能は50弱あり、テンプレートからのご利用の場合、
初期費用は必要無し。
※初期構築を依頼する場合は別途作業費が必要(事例でいうと、費用部分は数十万~数千万までの幅がある)

運用

記録するレコード数や添付ファイルの容量によるが、月額1万円から利用可能

導入スケジュール

ご契約は月の中ばであってもその月の1日からの1ヶ月となる。
例)12/9申込⇒1ヶ月目(12/1~12/31のご契約)

申込み後、2,3日で環境を受領可能。
事例でいうと、作業範囲によって期間も2週間程度~数か月程度

-サービス

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2020 All Rights Reserved.