読書感想

【読書感想文】危険なビーナス(東野圭吾)※「ウラムの螺旋」「サヴァン症候群」解説有り

今回は、「危険なビーナス」(著:東野圭吾)です。

-------------------以下、ネタバレを含みます。------------------------------

一本の電話から始まる物語

本作は、
主人公である独身獣医の伯郎(はくろう)のもとにかかってきた一本の電話
「初めまして、お義兄様っ」から始まります。

いきなり、電話で、自分が知らない家族から電話がかかってくるのは、
驚きで、物語の複雑さと合わせて興味を惹きました。

また、活字だからこそ、 「お義兄様」で、読者は、電話している2人は、元々は家族でなく、家族になったとわかります。

活字は、漢字の持つ意味も表現できるので、改めて便利な記号だなと思いました。

実写化された際は、どのようにこの場面を表すのか気になります。

この一本の電話で、
「主人公の弟は結婚していること」、
「弟が行方不明であること」
を弟の結婚相手の女性から判明します。

サヴァン症候群とウラムの螺旋

物語には、サヴァン症候群の人物が登場します。

この人物は、頭の中に変なものが見えており、
絵画にて表現したものが「ウラムの螺旋」でした。

「ウラムの螺旋」ですが、数学を学んだり好きな人には知らない人がいないもので、素数を紐解く可能性があるものです。

私自身、素数という数字にどのような規則性があるかという命題を
視覚という視点で捉えるのは大変おもしろいことだと思います。

サヴァン症候群とは?

サヴァン症候群とは、
自閉症スペクトラムなどの障害がありながら
驚異的な記憶力や曜日、暦の計算などの突出した能力を持つ人たちのことをいいます。

ウラムの螺旋とは?

ウラムの螺旋は実際に作ってみることが理解しやすいです。

まずは、図のように、1、2、3、、、と数字を反時計回りに配置します。
※図は、36までの数字

【数字を反時計回りに配置】

次に、「素数」のみにチェックをつけます。(今回は、太字)

素数とは、1 と自分自身以外に正の約数を持たない自然数のことを指します。

【素数を太字にする】

最後に、素数以外を消し、素数をわかりやすく別の記号にします。(今回は、●)

【素数のみを残し、●にする】

これがウラムの螺旋です。

ただし、36の数字までだと、「なんだこれ?」ですよね。

そこで、36でなく、数多く、ウラムの螺旋を描くと、以下の図のようになります。

【200×200のウラムの螺旋】
※ウィキペディアより引用

この図をよく見ると、なんとなく、対角線にまっすぐ●が続いていることがわかるかと思います。

ここから、素数の並びには規則性があるのではと仮説が立ちます。

つまり、素数という数字を「視覚的」に規則性を導いています。

物語では、このように、学問のニッチで面白い部分に焦点を当てており、東野圭吾さんを好きになった大きな要因です。

結末は?

物語の冒頭での一本の電話をかけてきた女性は、実は、●●で、
まさかこのような結末を迎えるかという驚きでした。

物語の真相を楽しむのも良し、学問の分野を楽しむのも良しと飽きることなく、一気に読了できるので、是非、オススメです。

その他の読書感想も是非、ご覧ください。

カテゴリーで「読書感想」を選んでお好きな本の読書感想をご覧ください。

-読書感想
-, ,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2020 All Rights Reserved.