健康管理

ホメオスタシスとは~脳の仕組み?どんな理論?健康管理能力検定を受けよう~

「ホメオスタシス」いう言葉を聞いたり、見たりしたことはあるでしょうか。

最近では、テレビの健康番組や雑誌などで見かけた方もいるかもしれません。

当記事では、「ホメオスタシス」についてをご紹介します。

※本投稿は、「文部科学省」後援の「日本成人病予防協会」が運営する健康管理能力検定3級テキストを参考に制作しております。

公式サイトはこちら

ホメオスタシスとは、安定した状態に保とうとする仕組み

私達人間は、日々の生活の中で外や内から様々な刺激を受けています。

例えば、暑い、痛い、寂しい、嬉しいなど気温の変化や感情の変化になります。

このような変化に対して、体、心を安定した状態に保とうとする仕組みが私達人間には備わっています。

この仕組のことをホメオスタシス、日本語でいうと生体恒常性と呼びます。

ちなみに、英語は、homeostasisです。

ホメオスタシスの三角形

ホメオスタシスを知る上で大事なものとなるのが、

自律神経、内分泌、免疫

の3つです。

これらは、互いに影響しあって、体と心を安定させています。

健康管理能力検定を知る

ホメオスタシスについてご紹介しました。

私達、人間には、生きるため、健康を維持するための仕組みがたくさんあります。

「健康管理能力検定」とは、このような仕組みなどの知識を測る検定です。

興味がある方は、検定について、勉強方法をまとめていますので是非、ご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-健康管理
-, ,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2020 All Rights Reserved.