キャッシュレス

キャッシュレス・消費者還元事業【消費税とキャッシュレスの関係】~LINE Pay、pay pay、決済端末導入~

2019年10月1日に、消費税率が引上げられます。

私たち一般消費者からすると、引き上げられる税率の分が負担になります。

そこで、 消費税率引上げ後の一定期間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援をするものをキャッシュレス・消費者還元事業といいます。

詳しくは、公式HPをご覧ください。https://cashless.go.jp/

キャッシュレス・消費者還元事業の概要

概要については公式HPから以下のように整理できます。

各項目や内容は、公式HPからの引用となります。

期間

2019年10月より9か月間(2020年6月まで)

支援内容

一般の中小・小規模事業者について

  1. 消費者還元5%
  2. 加盟店手数料率3.25%以下への引下げを条件とし、更に国がその1/3を補助
  3. 中小企業の負担ゼロで端末導入(1/3を決済事業者、残り2/3を国が補助

フランチャイズ等の場合について

消費者還元2%(端末費用及び加盟店手数料の補助はなし)

消費者還元方法

原則

本事業において補助の対象となる消費者還元の方法は、原則として決済事業者(イシュアー)が、決済 額に応じたポイント又は前払式支払手段を消費者に付与する方法により行うこととする。

例外

やむを得ず原則によることができない場合には、その理由を申告し事務局の承認を得られた場合に限り、以 下の方法をポイント等による消費者還元の類型として実施することができる。

対象となる決済手段

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど一般的な購買に繰り返し 利用できる電子的決済手段

本事業について

日本政府として、キャッシュレスを進めています。

ご興味のある方は、「キャッシュレスに向けた動き」よりご覧ください。

日本政府としては、消費税率の引上げは必要ですが、
その引き上げは一般消費者からすると負担になります。

その負担を軽減するためにもポイント還元という形で対策をするという流れになっています。

ただし、本事業は、前述のとおりの決済手段に閉じています。

よって、最低限のお金の余裕やITリテラシーが必要になります。

消費税率の引上げによって、困ってしまう人をどのように対策していくかは日本政府には考えていただきたいと思います。

決済端末導入のお考えの方へ

決済端末は様々な種類があります。

まずは、情報収集が必要という方は、「Air PAY」はご検討いかがでしょうか。

リクルートグループが運営しており、安心して提携できるかと思います。

-キャッシュレス
-,

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2020 All Rights Reserved.