ビジネスフレームワーク

4P~マーケティング分析~

マーケティング分野におけるフレームワークの4Pについてお話したいと思います。

提唱者・時期

1960年代にハーバードビジネス・スクールの教授、E・ジェローム・マッカーシーが提唱しました。

概要(4つの要素)

4Pとは、自社製品・サービスを4つの要素に分解したものです。

Product(製品)

品質、デザイン、ブランド名、パッケージ、サービス、保証

Price(価格)

標準価格、値引き、リベート、取引条件

Place(流通)

店舗の営業日、営業時間、注文方法、問い合わせ方法、決済方法、リサーチ方法、販路

Promotion(販売促進)

販売促進、PRをするための手段

使用用途・目的

4Pは、企業が狙っている市場や現状位置を踏まえ、消費者へ訴求し、サービスを利用してもらえるようにするために使用します。

具体的には、以下のような観点で4Pを使い整理します。

  • どの領域が弱っているか、過剰なのかを分析
  • 施策の漏れが無いかを確認
  • 施策ごとの間で連携がとれているかを確認

-ビジネスフレームワーク
-

Copyright© よろずや-YOROZUYA- , 2020 All Rights Reserved.